プレーパーク わんぱく広場

日時 : 8月5日(日) 10時~15時

場所 : 東海面公園(南行徳4-7)

参加人数 : 179人 (内訳 小学生42人、幼児49人、大人88人)

 

連日の猛暑で、さすがに参加人数は少ないかもと思われましたが、、いえいえ、元気な子ども達がたくさん集まってあそびましたよ。

今回のあそびは、ロープ(木と木の間に張る、木の上から垂らす、ブランコ、ハンモック)、ウォータースライダー(築山にブルーシートを敷いて水を流して滑る)、プール、たき火(パン、マシュマロなどを焼く)、どろんこ、シャボン玉、革細工、昔あそび(コマ、ベーゴマ、けん玉)、、、

みんな、わんぱく広場にどんどん慣れてきたようで、スタッフがあそび道具を準備している時に、子ども達がプレーリーダーと一緒に木にロープを張ったり、参加者のお父さんが、どろんこをやりやすいようにスコップで土をほぐしてくれたりしていました。

 

DSC_0760

 

DSCPDC_0001_BURST20180805113027196

 


それから、ウォータースライダーでは、築山の斜面の形で滑る方向が違うとわかった子が、ブルーシートの位置を変えたり、水をバケツで運んできたり。
自分達であそびを作っていくプレーパークを、存分に楽しんでいたようです。

 

DSC_0772

たき火では、初めてマッチに触った子が、スタッフに火の点け方を教えてもらってチャレンジしていました。
どろんこあそびは、いつもと同じく、みんなどろどろ全身泥色です。

DSC_0766

 

共催の南行徳自治会の方は、東海面公園のわんぱく広場には毎回来てくれます。
今回もベーゴマの回し方などを楽しそうに教えてくれました。
また、ジャグに入った麦茶(うれしいことに氷たっぷり入り!)を差し入れてくださいました。
もうひとつの共催の、市川子どもの外遊びの会のプレーリーダーは、いつものように子ども達と全部のあそびをして走り回っていました。もちろん、全身泥色。

DSC_0769

 

東海面公園は、大きな木が多いので木陰がたくさんあり、風も通って、とても涼しかったです。
心配していた熱中症になる人もいなかったし、夏のわんぱく広場をみんなで楽しめました。

次回は、11月23日(祝・金)に、南部公園を予定しています。また、あそぼうね。